昨日の夜は、彼と久しぶりに映画を見ました。アクション映画が好きな彼と、恋愛やフィクションの映画が好きな私とは、見たいと思う映画があまりマッチしなかったのですが、最近はようやく見たいと思う映画を見つけることができました。
その映画とは、グラディエイターでした。アクション映画でしたが、主人公の家族愛や不屈の精神力に惹かれて気になっていた映画でした。アクション映画なので、彼も当然好きだろうと思って聞いてみると、既に見たことがあるけれど、もう一度見たいと返事があり、早速一緒に見ることにしました。
主人公を演じるラッセル・クロウの勇ましさ、堂々として様子はまさに圧巻で、決闘シーンにはとても圧倒されてしまいました。
ローマ帝国を舞台にしているため、人々の生活風景や、奴隷制度、コロッシアムなどの建築物など、その時代を反映するものが忠実に再現してあることも、興味深く感じられました。現代とは全く世界が映画の中に広がっていました。
映画を見始めた時がもう既に夜遅かったため、映画の途中で終わりにして、今度別の機会に途中から最後まで見ることにしました。久しぶりに映画によって別世界を味わうことができて、とても充実した気分で寝ることができました。