Month: 1月 2018

パンツー丸見えのネタをあなたは知っていますか?

仲間と話している時にこんなネタが出ました。
それは「ぱんつーまるみえ」というものです。
このネタ、中には知らないという人もいたのですが、このネタを知っているのはある程度の年齢の人だよねという話しが出ていました。
私はこのネタは勿論知っていましたが、いつどのようにしてこのネタが生まれたのかは知りません。
子供の頃に親がそんなことをやっていて自然に覚えました。
このネタが流行っていたのは70年代くらいらしいのですが、今の若い人達はこのジェスチャーを知らないのでしょうかね。
パンと手を叩いてブイサインをして指で丸を作って見えで手を頭にあてて眺めるようなポーズ をするのですが、これを今の子供達にも教えたら絶対にウケると思います。
ただ、今の子達はスカートめくりをしたりとかはやらない子が多いのでしょうね。
普段使いしない言葉ですがネタとしては面白いなぁと思います。
私はやる機会もないですし大人の女性の私がやっていたらおかしいでしょう。

昨今通例になっている会見での謝罪には少し違和感を感じます

昨日地方の動物園で,若い女性の飼育員の方がライオンに噛まれるという事故があったようです。
幸いに入園者の方が早めに気づいて通報し命に別状はないそうですが後遺症が心配ですし,志があって飼育員という職業に就いたのではと思うので今後のトラウマも懸念されます。
経営責任者の会見も行われたようですが,冒頭は謝罪から始まったようです。
昨今は何か事件や事故があると,必ず会見で深々と頭を下げて謝罪する事が通例になっているようですが,少し違和感を覚えます。
今回の事故でも画面に向かって謝罪する必要はないと思いますし,謝罪は被害にあった飼育員さんやご家族,入園者の方々に対して行われているであろうという事だけで良いのではと感じます。
何でも謝罪を公にしないと納得しないマスコミや国民がいるのだとすれば,責任追及社会というちょっと残念な風潮です。
今回の事故は動物園で働く飼育員の方が,危険と背中合わせで私達を楽しませてくれているという事を思い知りました。
後は飼育員の方が回復される事を願うばかりです。

お金を貯めるということは色々と方法があるのです

お金というのはとても大事なことです。お金がないことは首がないことと同じである、といわれているくらいであり、少なくともないよりはあったほうがよい、と思われていることはどんな場合にもいえることになるでしょう。ですから、まずはしっかりと貯めることがおすすめできます。しかし、稼ぐことができるようになりますとそれは当たり前ですがより貯めることができるようになります。これがとても大事なことになりますから、覚えておき、意識しましょう。つまりは、稼ぐに追いつく貧乏なし、ということです。昔の人は上手いことをいったものです。まさにその通りであり、お金を貯めるためには、まずは稼ぐことです。それが基本になります。しかし、日本には別に美徳もあり、例えば大して稼ぐような仕事をしていないとしてもそれなりに節制をして貯める、ということが素晴らしいとされています。そうしたエピソード、逸話がある戦国武将などもいるくらいです。

とある海外ドラマの曲を聴いて朝方になってTVを見た

第三国ドラマの曲を聞きました。2日光持続くらいで聞きました。バラードの曲や渋い曲など、色んな品目の曲を第三国ドラマのなかで歌っているので、いいなと思った曲を聞きました。カバーされて掛かる曲ですが、賢くカバーされていて強いなと絶えず聴いてて思います。最もマイケル・ジャクソンの曲はカバーされているのに、賢くカバーしているなと思いました。これからも色んな曲を聞きたいと思います。そして、早朝になってからは「表題の無いBGM会」という局を見ました。こういう局を見たのは、すごい久しぶりだったのですが、今回は昭和と平成の歌いたく陥る合唱曲をやっていました。わたしは合唱部に入っていたことがあり、そこから合唱が好きなので見ました。メイン3から発表していました。平成の合唱曲の2程にボーカロイドの曲が入っていてそれは合唱をやっていた身の回りからしたら承認いきませんでしたが、1位は納得のいく種類でした。