高速道路の一部の区間で、制限速度が80kmから110kmに緩和されるんだそうです。
対象となる路線というのは、交通事故が少なく、見通しが良いなど、一定の条件があるようです。
まあ、ざっくり言ってしまうと「安全に走行できる道路なので、少しスピードを出して大丈夫ですよ」というような判断なのでしょうか。
高速道路では、大体の区間で80kmに規制されているが、正直なところ、100km以上で走るような車も多いですよね。
特にトラックなどではなく一般車の場合には、あまり80kmで走るということ自体が珍しいかもしれません。
しかし、80kmと110kmというのは、運転するときの体感的にはだいぶ異なってきます。
それほどカーブが多かったりきつい区間ではないと思いますが、110kmくらいで走行すると恐怖感を覚える人もいるかもしれません。
必ずしも110kmで走る必要はもちろんないのですが、周りの車がみんな110kmくらいで走っていると少しスピードが上がったりするでしょう。
安全に走れる区間ではスピードを出したほうが混雑は緩和されるのかもしれませんが、今後そういう区間は広がっていくのでしょうか。